切開のないオールオンフォーインプラントオペ

subpage01

インプラント治療では、失くしてしまった歯の部分の顎の骨にチタンでできた人工の歯根を直接埋め込みます。
そしてその人工歯根を土台にして人工歯を取り付けますので、噛む力が天然の歯に近い形で伝わって快適な噛み心地です。


またチタンは生体親和性がとても高い素材で、アレルギーのリスクも低いので治療後に年月が経っても歯茎の黒ずみなどのトラブルが起こりにくく審美性が高いのも特徴のひとつとなっています。

かつては、失くした歯の後の治療といえばブリッジか入れ歯が主流になっていました。


最近では、快適で見た目もきれいなインプラントを選ぶ方が急増していますし、古い入れ歯やブリッジり治療からの交換の相談で来院の患者さんも目立ちます。



総入れ歯をインプラントに交換する場合、歯の本数からすると大変大きな手術になってしまうイメージがありますが、現在ではオールオンフォー方式のオペが登場しているので負担の少ない手術が可能です。
オールオンフォー方式のインプラント治療では、4本の人工歯根を埋め込む手術で顎全体の歯をバランスよく支えることができます。
オールオンフォー方式のオペの前には、デンタル専用のCTスキャンを使った精密検査が行われます。


デンタルCTを使うと口腔内の3D立体画像が撮影でき、顎の骨の状態も正確に診断できるのでバランスよく人工歯根を埋め込む部位を決定、安全な手術が可能です。

埋め込む人工歯根の数が治療する歯の本数に対して少ないので患者さんの負担は大変少なくなります。

ロケットニュース24の情報収集ができます。

インプラント専門歯科では、歯肉をメスで切開しないフラップレス手術のオールオンフォー治療も行っています。
フラップレスのオールオンフォーオペでは、さらに患者さんの負担を減らすことが可能です。