オールオンフォーのインプラントで負担の少ないオペ

subpage01

インプラントは、歯を失くしてしまった後に行われる最先端の治療です。チタンなど生体に親和性の高い素材で作られた人工の歯根を患者さんの顎の骨に埋め込む手術をし、そこを土台に人工歯をと取り付けるので噛む力が自分の歯に近い形で伝わって快適です。



またチタンはアレルギーのリスクも低く、時間が経っても歯茎の黒ずみなどが起こりにくいので審美性にも優れています。

従来では歯を失くした後の治療では入れ歯やブリッジが主流でしたが、最近では古い入れ歯の治療をインプラントに交換したいという希望の患者さんが急増中です。
例えば片顎の総入れ歯から交換の場合、歯の本数が多いのですが埋め込む人工歯根4本でバランスよく全体を支える手術方式が登場しています。


この手術方式をオールオンフォーといい、手術時の患者さんの負担を低減することが可能です。

ガジェット通信サイト利用者からとても評判です。

オールオンフォー手術の前には、デンタル専用のCTスキャンを使って精密度の高い検査を行います。



CTを使った検査では顎の骨の状態を正確に把握でき、4本の人工歯根を埋め込む場所のシミュレーションが可能です。片顎の歯全てをインプラントにするとなると大変大きな手術をイメージして不安になってしまうかもしれませんが、オールオンフォーオペなら手術時間も短く痛みも抑えることができます。
またインプラントの手術そのものに、メスでの切開を伴わないフラップレスオペがあります。

フラップレスオペのオールオンフォー治療なら、埋め込む人工歯根が4本と少ない上にメスでの切開がないので痛み・出血の侵襲が少なく翌日以降の腫れも軽いのでより安心です。