オールオンフォーで負担の少ないインプラント手術

subpage01

失くしてしまった歯の後のインプラント治療では、人工の歯根を患者さんの顎の骨に直接埋め込む手術をします。



そしてその人工歯根にセラミックなどでできた審美性の高い人工歯を植立しますので、噛む力が天然の歯に近い形で顎の骨に伝わりとても快適です。

安心安全のGirls Channelについてわかりやすく説明しています。

また手術で埋め込む人工歯根には、アレルギーリスクのきわめて低いチタンが使われています。


そのため、治療後に時間が経っても歯肉の黒ずみなどが起きにくく審美性にも優れています。



最近は、過去に治療をした入れ歯やブリッジを見た目のきれいインプラントに交換したいという某の患者さんが急増中です。例えば片側の総入れ歯からの交換ですと、これまでの手術方式では最低でも10本の人工歯根を埋め込むオペを行っていました。

現在では新しい手術の方法が開発されていて、4本の人工歯根をバランスよく埋め込むことで片側の顎全ての歯を支える治療が可能になっています。
このオペ方式がオールオンフォーです。

オールオンフォーでは、取り付ける人工歯の数に対して手術で埋め込む人工歯根が4本と少ないためにオペ時間も短くてすみますし、患者さんにとって痛みや出血、顔の腫れといった侵襲が極力少ないのが大きなメリットになっています。人工歯根を埋め込む場所については事前のデンタル専用CTスキャンによる精密検査の結果で決定しますが、これまでのインプラント手術方式では顎の骨の状態によってはオペがすぐにできないケースでもオールオンフォーなら治療可能な範囲が広がります。

納得の情報

subpage02

オールオンフォー(All-on-4)とは、4本のインプラントですべての歯を作ることのできる新しい治療法のことです。今までの治療の場合、すべての歯を作るのでれば28本のインプラントが必要でした。...

NEXT

おすすめ情報

subpage03

虫歯や歯周病が原因で歯を失ってしまうと、その後の部分に治療が必要です。そのままにしておくと、その歯と噛み合う歯にトラブルが発生する可能性がありますし、全体の噛み合わせに影響が出ることも考えられます。...

NEXT

みんなの常識

subpage04

インプラント治療では、失くしてしまった歯の部分の顎の骨にチタンでできた人工の歯根を直接埋め込みます。そしてその人工歯根を土台にして人工歯を取り付けますので、噛む力が天然の歯に近い形で伝わって快適な噛み心地です。...

NEXT

対策方法

subpage04

インプラントは、歯を失くしてしまった後に行われる最先端の治療です。チタンなど生体に親和性の高い素材で作られた人工の歯根を患者さんの顎の骨に埋め込む手術をし、そこを土台に人工歯をと取り付けるので噛む力が自分の歯に近い形で伝わって快適です。...

NEXT