いろいろな面で低負担のオールオンフォーインプラント

subpage01

虫歯や歯周病が原因で歯を失ってしまうと、その後の部分に治療が必要です。
そのままにしておくと、その歯と噛み合う歯にトラブルが発生する可能性がありますし、全体の噛み合わせに影響が出ることも考えられます。
これまでの治療では、失くした歯の後の治療としては入れ歯やブリッジが中心です。
入れ歯やブリッジでは、他の歯に留め具やバネを掛けたり、あるいは健康な歯を削って支柱にするなど残っている歯への負担が大きいという難点があります。

最近では、患者さんの顎の骨に人工の歯根を埋め込んでそこを土台に人工歯を取り付ける目ので他の歯への影響がほとんどないインプラント治療を選択する患者さんが急増中です。
特に、ずっと前に受けた治療の入れ歯やブリッジの不具合や見た目の悩みからインプラントに交換したいという方が目立ちます。
上下いずれかの総入れ歯からの交換を希望する場合、これまでのインプラントでは少なくても10本の人工歯根の埋め込み手術を伴いました。
それが、現在では新しい手術方式の登場によって人工歯根4本の埋め込みで片顎全部の歯を支えることが可能です。

この手術方式をオールオンフォーといいます。

オールオンフォーのインプラントのことなら、こちらをご参考にしてください。

片顎の総入れ歯をインプラントに交換するとなると歯の本数からすれば大がかりな手術になっつてしまうイメージが強いのですが、オールオンフォーオペならば手術時間・痛み・出血・手術後の顔面の腫れなどが少なくてすみ患者さんの負担がかなり軽減されます。

日経メディカルの情報を知りたい方必見です。

また人工歯根の本数が少ないので、一般的に費用も抑えられていろいろな面で負担が少ないのがオールオンフォーインプラントの特徴です。